Reef Ring1.023worldList Ranking
Prev5 PrevNext Next5

プロフィール

つよぽん

Author:つよぽん
我が家の海水水槽について個人的にメモをするブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケ大発生にともない生物兵器等導入

11月1日(土)
ここ2~3ヶ月くらいdinosっぽい藻類が大発生してきました。
毒性が強いものは、水槽が全滅するらしい(魚も死滅する)ので、生物兵器には頼らずに様子を見ていました。
うちに発生したものは毒性の弱いもののようなので、生物兵器など導入することとした。

このたび導入したもの
ヒフキアイゴ、ヤエヤマギンポ(ペットバルーンサウス店)
ライブロックスタンダードS・SSセット、ベントスパックS、プランクトンパックS(C.P.ファーム)
アクアラグナの天然海水

あわせてCaリアクターのメディア補充

ライブロックの導入に合わせてレイアウトも若干変更


本水槽の全景 点灯直後のため藻はあまり目立たない


本水槽の左側 成長を続けるハナガタサンゴと調子の悪くなったバブルコーラル
八重山漁協ライブロックから生えてきたミドリイシも枝を伸ばすが、下の方はライブロック化してきている。


トサカには藻がからみついている


C.P.ファームのライブロック プチプチにくるまれている。 袋の中の水は捨てて、そのまま水槽へ、
C.P.ファームは約5年ぶりに利用。以前はライブロックにタグがつけられていたが、今回はタグがなく、養殖ライブロックであることの証明書がつけられていた。


生物兵器として導入したヒフキアイゴ ヤエヤマギンポは隠れてしまって写真を撮ることができなかった


換水後の本水槽 サンゴの下の方を隠すようにしたい


これも八重山漁協ライブロックから生えてきたミドリイシ SSサイズライブロックから成長してきており、レイアウトが難しい

水質検査(換水前)
pH 7.8
NO3 0.0mg/L
PO4 0.08mg/L
KH 5.0dKH
Ca 400mg/L
リアクターのCO2が切れていたためKHが下がっていた。
Caリアクターの清掃・メディア補充と併せてCO2ボンベを交換
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

<< 換水記録 | ホーム | 水質検査 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。